釣りファンクラブ北海道

スポンサードリンク

投げ釣り
投げ釣りとは・・・
 キャスティングの爽快さが人気だったり、置き竿にしアタリが来るまでの間が良いと言う人もいる投げ釣り。投げ釣りとは、オモリの重さと竿の弾力を利用して、遠方のポイントを狙う釣り方の総称。つまり、砂浜(サーフ)からはもちろん、磯や防波堤、時には川でのコイ釣りでさえも投げ釣りとなる。
 道具はもちろん専用のものを要する。必須となるのは、投げ竿、竿立てである。そしてリールはスピニングリールに限る。特に遠投するなら、遠投用リールに細いライン、力糸が必要となる。仕掛けやオモリは対象魚や投げるポイントによって使い分けが必要だが、投げ竿3本、竿立て、スピニングリールがあれば、道内では大抵の投げ釣りが可能となる。

置き竿で・・・
 北海道での投げ釣りは、何本かの竿を用意して、投げたら置き竿にするスタイルが主流である。特にシロギスが釣れるのであれば、片天秤の5本針仕掛けなどで、底を引きずって誘ってくる釣りもあるが、北海道ではそうした釣りを見かけない。効率良く釣るには、置き竿にするのであるから、一本一本は違った距離(水深)に投げ分けて置くと良い。アタリがあれば、アタリのあったポイントの距離(水深)を集中的に攻めるのが有効である。理由は簡単で、アタリのあった層の水深・水温等が対象魚に適しているから、そこに魚が居ると考えるのが極普通だからだ。もちろん、魚影の濃さや、渋り具合も加味して考慮する必要はある。

ポイント
沈み根や岩礁、海藻
 岩礁は潮や波がぶつかり、湧昇流によって餌が湧く。沈み根や海藻は、潮の流れが和らぐなどの理由で、産卵場や根魚の寝床、餌場、回遊ポイントとなる。以上の理由から魚が集まりやすいのは当然。海面に白泡が立つサラシの下には、沈み根があるポイントとなる。根掛かりは必須だが、狙いたいポイントの一つだ。
河口の流れ込み
 
河口の流れ込みでは、海水と淡水が混ざり合う汽水域が出来る。こうした汽水域では、河川水の流れる溝が出来たりする。また、河川水で水温の上昇が和らいだり、安定した酸素、栄養塩の供給があるため、小魚などが好む。こうした小魚を追って大型の魚が回遊するポイントの一つとなる。
●カケアガリ・ヨブ
 急な水深の変化を持つカケアガリ、打ち寄せた波が戻る時に出来る払い出し、砕波によって海底に形成される凹凸のヨブ、こうしたとこには、水温の上がりにくい冷水塊が溜まったりする。急な水温の変化を好まない魚はこうしたとこもポイントの一つとなる。
キャスティング
 投げ釣りではキャスティングが重要である。正確に投げれないとポイントを狙うこと不可能なだけか、両隣の別の釣り人にも迷惑が掛かる。正確に投げるためには、基本を完璧にしなくてはならない。つまり、飛距離を伸ばすより先に、真直ぐに投げれることが重要となる。
1・・・なるべく前にスプール、後にハンドルが来るようにし、人差し指に糸を掛けて、ベールを起こす。
2・・・上体を起こし、左腕を伸ばして竿を振りかぶる。このとき、体は投げたい方向を向いていること。
3・・・左腕を引き、右腕を伸ばす。右手が視界に入る辺りで指を離し、竿を45°辺りで止める。仕掛けが着水したらベールを戻し、着底したら糸ふけを巻く。
使用する道具
竿  投げ釣りに使用する竿は、誘ったりアタリを掴む感度の良さよりも、より遠くへ遠投することに着目する必要がある。その為には、他の目的の竿よりも全体的に硬い必要がある為、投げ専用の竿が必要となる。
リール  遠投をする為ラインの出が速く、回りだしたスプールをサミングで少しずつ止める必要がある両軸リールは完全に不向きとなる。投げ釣り専用のリールとなると、遠投用に作られており、ロングストロークのスプールや、投げた時のラインが出やすい設計になっているスプールエッヂの開放角が特徴的になっている。
ライン  投げ釣りでは、対称魚やポイントによっては根掛かりも必須となる。ショックの吸収性や、短くなり巻き直す交換頻度も考慮し、ナイロン製をオススメする。遠投することも考えると2号のラインに力糸2→8号が一般的である。
竿立て  北海道での投げ釣りは、その殆どが置き竿にする。その為、竿立ては必需品になる。一般的に売られているものでも最大5本は掛けておけるので、一つあれば充分だ。風の強い日などは、足場が良くても不安定になりやすいた為、竿立ての三脚の付け根に、重しを吊るすと良い。
対象魚一覧
カレイ類 カジカ類 アブラコ
ホッケ コマイ ハゼ
ハモ エイ類 サケ
Copy right 2007 釣りファンクラブ北海道 All rights reserved.

 

 

inserted by FC2 system