釣りファンクラブ北海道
最新釣果
 8月30日 アヨロ川河口でファイト
 ここ数日の話だと、やはりここが一番魚の数が居るようなので、迷ったがアヨロに向かった。今回は小中学校の同期、モチとその釣り仲間、チンが動向。0時半すぎ、ポイント到着。潮は満ちており、うねりが高く導流堤は時折被っている状況。しかし、右の導流堤がガラ空き。速攻で入り、無睡でファイト。3時すぎ、初めて当たるも乗らず。その後、3人増えて6人で交代で先端からキャスト。5時頃、モチに待望のHIT。スレだったが大事にランディングし、GET。ポイント1匹目となる鮭しかし、喰いは渋くなかなか口を使ってくれず、大苦戦。その後、ほかの釣り人に立て続けにヒット。スレが大半だが、85cmの大型も出た。明るくなると魚影も見え、すごい数にどうしても力んでしまう。9時まで上がった数は全体で10数本。内、口を使ってくれたのはわずか3本。難しいですね〜。9時頃、ようやくそれらしいアタリ、向こうアワセで乗ってからしっかりフッキング・・・、アワセ切れしてしまい、終了。もうラインがダメみたい(汗)。皆さんは悔しい思いをする前にメンテナンスをしっかりと。今回波を被っての釣行だったので写真がありません。申し訳ないです。結局3人で1本。やはり激戦区なので平日でも混んでます。もちろん、マナーのある釣り人はごく一部で、左の導流堤と右のテトラからの人とでオマツリとかもうありえないことだらけです。鮭釣りって戦っぽくて、どうも根本的に好きになれません。節度を保ってちって欲しいです。下手なら「下手なものですみません。」で良いと思うんですが、なぜか喧嘩腰?で、終いには、人の仕掛け跨いで投げておいて、「海の中のことだから解らない。」ってじゃ〜、理解できるまで釣りしないで下さい、って感じ。またしても新しい竿に魂を込めれませんでした。ラインがダメだったなんて素人丸出しでした・・・(涙)。
 8月27日 アヨロ海岸絶好調
 またしても兄貴から写メールが届いた。アヨロ海岸で今朝上げた70cmメス。ただただ羨ましい。
日曜日には俺も浦河町の元浦川河口に入ったが、潮周りが悪い上に前日の地震が影響したのか、河口にサケの姿がなかった。日曜日の朝はアヨロでも不調で、全体でも数本しか出なかったと言う。間詰めももちろんだが、潮周りの方が重要視する必要がありそうだ。次回リベンジ予定。
8月21日 今シーズン初のサケ情報
 なんとなんと、サケが釣れましたという情報が入りました。既に情報を知ってる人で有名な釣り場は混み合ってる模様。
写真はアヨロ海岸との事。当然1級ポイントで混雑は避けられないか?先輩、今シーズン1発目、おめでとうございます。
8月8日 久しぶりにエギング
 先月半ばから約1ヶ月ぶりとなる釣行は1人で泊村に。今回は兜千畳敷で大型マイカをエギングで。到着は23時半頃、準備は軽装、蚊が多いので防虫対策を、俺は日中ではなく夜釣りなので、蚋や虻の心配が無いため、今回はハッカ油を使用。かなり効き目あります。1級ポイントはやはり先端部ですが、先客が多く、やむなく右側に入りました。遠くから見ていると、引っ切り無しにウキガ回収、キャストと繰り返されているのを見て、これだけ釣れているならどこに入っても釣れるでしょうって思ってましたが残念でした。その理由は1発で解りました。
アタリがあり、合わせずとも引いてくれます。こんなに走るのはイカじゃないなっと回収すると、その正体はフグでした。水温がかなり高いと思います。その後も3匹ほど釣れました。ウキが繰り返し回収されていたのは、フグに餌を取られていた為だと思われます。その後1時間とちょっとした頃、
ようやくズッシリとした感触で本命1杯GET!!しかし、後が続かず2時過ぎに帰路に就きました。今回は潮周りも良くなかったかもしれませんが、全体的に数が少なく群れが薄い上にフグが五月蝿いと言う印象。潮周りが良ければ大きな群れに当たる事も。このサイズなので20〜30杯釣れたら帰りが大変でしょうなぁ〜っと夢を見ながら貴重な1杯を大事に持って帰りました(笑)。
過去の釣果情報!!
Copy right 2007 釣りファンクラブ北海道 All rights reserved.

 

 

inserted by FC2 system