釣りファンクラブ北海道
最新釣果
 1月25日 川の博物館前でワカサギ爆釣
さてさて、今シーズンもワカサギシーズンが来ましたが、結氷が例年よりやや遅れ気味で、悪天候続きに悩まされる今日この頃。今回は石狩市、川の博物館前で、例年通り好調のワカサギを釣りに出かけました。午前7時前に近隣のコンビニで用を済ませ7時半には穴を開けて実釣開始。平日なのに朝からすごい人で、あれよあれよの内に釣り場は超満員!?今回は朝から、彼女と二人で竿を3本出していたが、朝のうちはやはり食いが立っているのか、入喰いが続く。気が付くと二人であっという間に3桁。10時頃に山口さんも合流。今回がワカサギ初挑戦と言う山口さんも餌を付けるのに苦戦するも、竿出すなり早速ダブルで釣り上げるなど、3時までで、70匹という釣果。俺達も二人で314匹と絶好調でした。
型は6cm〜12cmとまちまちでタナはほとんどベタ底でした。表層でも釣れますが、上を泳いでいるのは小さいのが中心。また、底を取ると意外とウグイが多いので要注意です。針は1号〜1.5号がオススメで、ハリスは0.4号〜が良いかも知れません。
 1月9日 今シーズン最後のニシンは!?
 昨年末に行った小樽のニシン、例年であれば更にサイズUPが見込める状況。しかし、この時期に漁師さんの網が入る。当然のことだが、その後だと、さすがに釣果に期待が持てない。そこで、悪天候にも関わらず、一同小樽港色納埠頭に向った。今回もハヤブサから出ているケイムラサビキを使用。針サイズは9号に。集魚板は抵抗が大きく沈みに多少の時間が掛かる。風が強いのそれは若干不利と考え、少しウェイトのあるカレイ用のシューターを使用。集魚灯はケイムラカラーで。仕事上がりに合流し、先に来ていた安田君達は既にクーラー釣り。サイズは前回より少し劣り、25cm前後で、1人80匹はキープ出来ている様だった。俺も開始から順調に釣れるが、寒さと眠さに適わず、1時前に納竿。40匹近くをキープしただろうか。一番大きいのでも32cmあるかないかと言ったところ。数釣りこそ適うものの、サイズにやや不満の残る釣果だった。
過去の釣果情報!!
Copy right 2007 釣りファンクラブ北海道 All rights reserved.

 

 

inserted by FC2 system